2009 年 8 月 のアーカイブ

こちら編集部〈2〉 9月のゴールデンウィーク

2009 年 8 月 27 日 木曜日
見習い: 今年は9月にもゴールデンウィークがあるんですね。
女記者: そうよ。土曜がお休みのところなら、19日から23日まで5連休よ。羨ましいわ。うちなんて締切が次から次へとやってくるから、とてもこんなに連続しては休めない。
見習い: まして僕のような見習いの身では、とても休めません。
女記者: 6日目に出てきたら机がなかった、なんてことになりかねないものね。
見習い: あれ、そう言えば、今日は編集長の姿が見えませんね。
女記者: 机があるかどうか確認してみたら。
編集長: どういう意味やねん。
見習い: わ、机の下から湧いて出た。
編集長: 人をウジ虫みたいに言うな。9月1日は「防災の日」やぞ。万一、地震が起きた場合、机の下に入れるかどうか確認してたんや。
見習い: 午前中ずっとですか。
編集長: 余震に対する訓練や。(パッコーン)い、痛。また張り扇かいな。
女記者: 目を覚ましなさい。どうせまた机の下に潜り込んで居眠りしてたんでしょ。
編集長: あーあ、ズボンがしわくちゃや。
女記者: 都合が悪くなると聞こえない振りするんだから。
見習い: それはそうと、この9月22日の「国民の休日」って何なんですか。そんな祝日ありました?
女記者: 5月4日がそうだったじゃない。1985年に祝日法が改正され、祝日に挟まれた平日を「国民の休日」とすることになり、5月3日、4日、5日は3連休になったでしょ。その後また法が改正され、2007年からは4月29日が「昭和の日」に、5月4日は「みどりの日」ということになってるけど。
編集長: それでちょっと重要なことを付け加えとくとな、今、見習い君は「そんな祝日」と言うたけど、国民の休日は祝日やないんや。
見習い: はあ。でも、どっちでも一緒なんじゃないんですか。休みは休みなんだし。
編集長: それが違うねんな。例えば、今年は5月3日が日曜と重なったため、6日が振替休日になったわな。これは4日も祝日、5日も祝日やから繰り越されて6日になったわけや。ところが以前みたいに4日が単なる休日やったら、4日が振替休日ということになり、6日まで繰り越されへん。同様に4日が日曜と重なっても振替休日は設けられることなく、連休は5日までということになるんや。5月4日が祝日になってほんまよかったわ。
女記者: そんなしみじみ言うことでもないでしょ。どうせ大して働いてないんだから。
編集長: そう言われると返す言葉が…(パッチーン)おお、ほっぺたはやめて。
女記者: 返す言葉がなくてどうするんですか。少しは仕事をしてください。
見習い: でも、9月でこんな大型連休って初めてですよね。
女記者: ハッピーマンデー制度によって、敬老の日が9月15日から9月の第3月曜に変更になったのが03年のことで、それ以来初めてのケースなのよ。
見習い: じゃ、これからもこういう年があるわけですよね。
女記者: 一応、次は2015年とされてるわね。ただし、「秋分の日」が決定するのは、前年の2月だから確定というわけでもないけどね。
編集長: それに法改正によって「国民の休日」が廃止になる可能性もなくはない。わしはそれまでに何とか5月1日を「メーデー記念日」とかの祝日にしてくれんかなと思ってるんや。そしたら4月30日と5月2日が「国民の休日」になって、何と7連休やで。土曜が休みのところは、4月28日が土曜やったら5月6日まで9連休や。さあ、どうする。(パッコーン)で、でこちんもやめて。
女記者: 何をしょうもないことで力んでるんですか。9連休なんかして、机がなくなってしまっても知りませんからね。ええい、すがりつくな(蹴る)。